お問い合わせ

SolidWire®

高精度と完全な制御
サブミクロン単位の小ロット精密部品加工であっても、あるいはフル稼働のプロダクション加工用途であっても、御社の工作機械への投資を最大限に生かす方法をご提案致します。 ESPRITを使用することで、部品プログラミング工程の大幅な簡素化、部品精度の大幅な向上、Gコードプログラムの長さと複雑さの解消が実現します。

完全な工作機械制御
ESPRITは、モールド、ダイ、コア、キャビティー、その他あらゆる形状、または輪郭を加工するための多機能なEDM輪郭加工機能を提供します。この多彩な加工機能は、多数のストレートまたはテーパーの荒加工とスキム加工をサポートし、ワイヤーカットパスを最適化します。パンチ、ダイ、マルチキャビティー部品、無人加工といったすべてのEDM加工の方法に対応しています。ESPRITは、加工途中に必要なすべてのワイヤーの切断およびワイヤー結線の制御は勿論のこと、洗浄、タンク充填、タンク排水などの工作機械の部品処理機能も自動的に制御します。

-

高度なテーパー加工
ESPRITの輪郭加工機能の高度な形状認識機能によってモールド部品、鋳造用ダイ、切削工具の複雑なテーパーを、簡単にプログラムできます。組み込まれている高度な形状認識機能のおかげて、テーパー加工中のRの切削時でも、円筒形の一定Rのコーナーや円錐状の一定テーパーのコーナーの加工をスムーズに行うことができます。上下のRの加工制御も個別にプログラム可能です。シャープコーナーのテーパー加工でも、柔軟に上面と底面をシャープコーナーに維持したり、2次平面にRをブレンド加工したりすることもできます。

同時4軸加工
ESPRITのXY (下側)、UV (上側) 4軸輪郭加工機能で、極めて複雑なテーパーや上面、下面で完全に異なったフリーフォーム形状を持つ部品を、簡単にプログラムできます。2つの任意の3次元断面を選択すると、4軸切削加工プロセスが自動的に同期制御します。また、同期制御ラインを必要な数だけ(無制限)追加することができます。ESPRITは自動的にタグを追加し、無人加工用のスキムカットを作成します。3次元、非平面、UVおよびXY断面、非平面定型操作などのいくつもの数のエレメントを持つあらゆるジオメトリック形状の4軸プログラミングを行なえます。

効率的なコアレス加工
EDM加工中の効率的なスラグの処理は、加工材の大きさが小さくなるほど困難になります。ESPRITは、加工するキャビティー内のすべての材料をスラグを作成せずに除去するための、特別なEDMコアレスポケット加工機能を提供します。コアレス加工では、開始穴が加工材にドリル加工されると、ESPRITが自動的にスラグだけを加工し、ワイヤーの断線を防止して加工時間を最小限に抑えます。

機械メーカー認証ソリューション
ESPRITの工作機械別のEDM知識ベース(KnowledgeBase™)は、フルレンジの切削加工機能、自動化、メーカー認証のポストプロセッサを提供し、工作機械の性能を最大限に引き出します。工作機械別に分類されたテクノロジーページにより、各EDM工作機械メーカー固有の切削加工技術や手法に容易にアクセスすることができます。

GF AgieCharmilles
ESPRITは、お客様がAgie Charmilles製のどの工作機械を使用していても、すべてのニーズをカバーします。また、ESPRITの知識ベース™もAgie CharmillesのEDM工作機械すべての型とモデルをサポートしています。

ESPRITは、最新のAC 20P/30Pシリーズ、AC 200/300/400シリーズ、AC 1000/2000/3000シリーズに対応しており、また旧型のEDMマシンにもすべて対応しています。ESPRITは、デュアルテーパー、上下テーパー、高度な拡張コニックなどの、Agie独自の加工機能をフルに利用できます。AgieVision用に、 Ra、Tkm、Teの設定を取り込んでスクリプトファイルフォーマット(SBR、SBL、ISO)を作成できます。 ESPRITにより、Agie 123シリーズEDMマシンの正確な、プログラミングも自信を持って行うことができます。 さらに、ESPRITを使用すると、シャルミー工作機械とそのミレニアム、シャルミー、ファナックのコントローラーに組み込まれた高度な独自機能をフルに使用できます。ESPRITは、シャルミーの加工テクノロジーデータベースであるCT-Expertをサポートしており、またその他にも、高度なテーパー加工や、スラグ除去などのマテリアルハンドリングなどの独自機能もサポートしています。

Makino
ESPRITの加工データベースは、Makinoの最新の機械にも対応した専用の加工データ(インチ単位またはメートル単位)を提供しています。また、既存のデータベースを編集して使用することや、ユーザー独自の加工データベースを構築することも可能です。さらに、「ダイレクトデシマル」、「インダイレクトレジスター」といったオプションを使用したオフセットの出力にも対応しています。

三菱電機
ESPRITは、パワー設定、送り速度、オフセットなどの多様な加工状況をE-Packとして、三菱電機の推奨仕様を保管したテクノロジーデータベースを内蔵しています。マシンモデル、加工材の材質と厚み、要求する表面仕上げを入力すれば、ESPRITは自動的にメーカーが推奨するテクノロジーと必要とされるスキムカット回数を決定します。

ONA
ONAの工作機械に対しては、ESPRITはオフタイム、電圧、サーボなどのすべてのジェネレーターパラメータを個別に制御して、個別の加工状況で効率を最大限に高めます。さらに、加工工程をランド、テーパー、タブ切断の3つに分け、それぞれに6回までの加工、1回の荒加工と5回までのスキム加工、を設定できます。

ソディック
ESPRITを使って、ソディックプログラマーは、行き戻り加工の手法のいろいろな組み合わせで、 10以上の柔軟な加工システムを得られます。ランドとレリーフ加工、荒と仕上げ加工の、各カットに完全に合致した加工条件と工法を 定義でき、マシンの高度な特性制御やZ軸制御、タンクコントロールやワイヤーコントロールなども行います。