お問い合わせ

ツールキット

製造メーカー、工作機械メーカー、サードパーティーのソフトウェアデベロッパーはESPRITツールキットを使用して、固有のニーズや対象となる市場の特定のニーズに合わせて、豊富な機能を持つCAD/CAMソリューションを短期間で構築しています。サードパーティー各社は、エンドユーザーに対し公開するESPRITの機能レベルを設定したり、ESPRITの既存機能にアドインコンポーネントをシームレスに統合できます。これにより、強力で高品質なカスタムソフトウェアソリューションを構築できます。

ESPRITツールキットは、Microsoft Component Object Model (COM)に基づいたESPTIのApplication Programming Interface (API)と、Microsoft Visual Basic for Applicationsで構成されています。ESPRIT APIにより、サードパーティーはここに記載されているように、ESPRITに組み込まれている無数のCAD/CAMテクノロジーにアクセスすることができます。

ESPRITの柔軟なコンポーネント式アーキテクチャにより、サードパーティーはESPRITのすべてのレベルの機能を利用することができます。ESPRITのコンポーネントは、既存のCAD/CAMソリューションに追加して導入することができ、今あるGUI(Graphical User Interface)内に設定できます。または、サードパーティーのコンポーネントをESPRITに追加し、ESPRITのGUIからこれらのコンポーネントにアクセスすることもできます。ESPRITのGUIはブランディングが容易で、OEMメーカーの要件に合わせてカスタマイズすることもできます。

製造業のOS (Manufacturing Operating System)であるESPRITは、製造メーカー、工作機械メーカー、OEM先、その他のサードパーティーデベロッパーに固有の変化するニーズに応えるために、完全にカスタマイズ可能です。スタンドアロンで実行する場合でも、製造現場のコントローラ内蔵、またはオフラインで、あるいはオフィスでも、ESPRITは工作機械アプリケーション全般に対する高性能なフル機能のプログラミングを提供することができます。