お問い合わせ

SolidMill®

あらゆるミルマシンの高性能なプログラミング
ESPRITの操作は簡単で迅速に加工を行なえますが、極めて複雑なミル加工を行う強力な機能も備えています。
2.5軸部品加工のプログラミングを行なっている場合でも、5軸加工のプログラミングを行なっている場合でも、
ESPRITは必要なプログラミング能力とお客様の求めている使いやすさを提供します。

5軸加工によるプロダクションミリング加工
ESPRITのプロダクションミリングは、ミル加工サイクルに5軸加工機能を追加したものです。プログラマーは、あらゆるESPRITの加工サイクルで、ローカル座標またはグローバルワーク座標でどんな部品の加工面も加工できるように、複数の取り付けオフセットを使用できます。ESPRITの5軸割り出し機能は、部品の回転に関してロータリーテーブルとチルチングヘッドのあらゆる組み合わせをサポートし、1つまたは複数のESPRITサイクルを使用して2.5軸および3軸オペレーションでの加工を行ないます。

ProfitMilling
高速加工について詳しくは コチラ.

-

ロータリー巻き付け加工
ESPRITのロータリーミル加工は、ソリッドモデルの3次元フィーチャーから直接でも、または平面の2次元フィーチャーからでも行えます。ESPRITには、同時4軸を使用したロータリー輪郭加工、ポケット加工、穴あけ加工のプログラムが用意されています。ESPRITは標準の3軸移動(X、Y、またはZ)のどれかを回転C軸移動に変換し、回転軸の周囲に巻き付け、ストレートな壁を確実に作成するためにオプションのY軸オフセットを使用します。

輪郭加工
CNCプログラマーは、ESPRITの輪郭加工サイクルが各種の加工アプリケーションに対応した柔軟で高性能のツールであり、断面加工、荒加工、 溝加工、切削深さが一定または可変の直線壁またはテーパー壁の半仕上げと仕上げに理想的であることがわかります。加工パラメータを設定するだけで、ESPRITはあらゆる形状の切削用のツールパスを作成するのに必要なフィーチャーの属性を読み取ります。より包括的な工具制御の場合は、ESPRITは個々の工具動作を管理しながら切削時のどの時点でも個々の加工パラメータを制御します。

荒加工とポケット加工
ESPRITのポケット加工サイクルでは、ポケットの荒加工および仕上げ加工を行うための工具の完全な制御と広範な自動化を実現しています。単純な四角の加工でも、不規則な境界線、マルチレベルのアイランド、複数のボスやサブポケットなどを持つ複雑なポケットの加工でも、ESPRITによってプログラミングが大幅に簡素化されます。ESPRITが提供する多様なポケット加工と仕上げパターンにより、ポケットミル加工のニーズに対応した無制限のオプションが提供されます。

削り残し加工
ESPRITのインテリジェントな削り残し加工切削サイクルは、加工する部品のフィーチャーに対応する加工オペレーションと切削工具を自動的に認識し、加工された加工材とデザインされたオリジナルの部品を比較し、残った材料の未切削部分のポケット加工と輪郭加工を自動的に行ないます。ESPRITプログラマーは削り残し加工サイクルを使用して、選択した最適な切削工具で荒加工と前仕上げ加工を行なえます。

穴あけ加工
穴あけ加工の場合、ESPRITの加工サイクルとお客様の工作機械にすでに装備されているサイクルの中から選択するか、両方の組み合わせを使用するかを決めます。ESPRITを使用すると、複数のサイクルと工具が必要な複雑な穴を1回のステップで切削することができます。. プロセスマネージャの使用により、面取りセンター、貫通ドリル、座繰り、一連の穴のリーマ ム加工を1回のステップで行なうことができます。ESPRITのねじ切りミル加工サイクルでは、右、左、めねじ、おねじ加工が可能で、らせん加工サイクルは穴ぐり加工に理想的です。ESPRITは最適化されたツールパスを自動的に生成し、サイクルタイムを最小限に抑えます。

カスタム加工サイクル
ESPRITのカスタム加工サイクルで、個々の切削工具動作を完全に制御することができます。ESPRITのテクノロジー挿入機能により、切削時の任意の時点で加工サイクルに設定されている加工パラメータを調整することができます。また、カスタムサイクルでは、CNCプログラムのどのポイントでもコマンド、インラインGコード、特殊な切削工具動作を挿入するオプションが提供されます。ESPRITでは、パーク機能で切削加工プロセスを一時停止したり、部品または工具の点検のために切削工具を後退させたり、工具パスエディタでツールパスをグラフィカルに編集することができます。