お問い合わせ

SolidMill FreeForm™

複雑なフリーフォーム形状を簡単に加工
ESPRITのNURBSベースの加工エンジンは、フリーフォーム形状の困難な加工を簡単に処理します。
モールド、ダイ、およびツール制作マーケットの3次元の課題に対応するために特別に設計されており、
ESPRITは3軸または5軸のフリーフォーム荒加工、等高線加工、仕上げ、再加工を
行なうためのパワフルな工具定義と加工サイクルのセットを提供します。

5軸フリーフォーム加工
高性能なESPRIT CAMシステムを使用すると、一回の段取りで複雑な3次元部品の加工が簡単に行えます。ESPRITはプログラミングを簡素化し、画面上でのダイナミックなシミュレーションにより、非効率な工作機械のドライラン検証を不要にします。5軸仕上げ加工の場合、ESPRITは平面、ノーマル、トランジショナル、パラメトリック、およびオフセットスタイルなどのフルレンジのオプションを提供します。ESPRITを使用して3次元5軸加工サイクルのプログラムを行えば、最新の多軸工作機械によってもたらされる高品質な加工面や部品精度、高速加工の利益を十分に享受できます。

ProfitMilling
Learn more about High Speed Machining here.

複雑な部品の荒仕上げ加工を行う
1本の工具または2本の工具オプションで、ESPRITの荒仕上げ加工サイクルを使用して、高品質のサーフェスを簡単に作成できます。ESPRITの3次元荒加工サイクルでは、極めて複雑なフリーフォームソリッドやサーフェス上ででも、ジグザグ、オフセット、および渦巻き状の荒加工を簡単に行なうことができます。9種類の中仕上げおよび仕上げサイクルから選択して、3次元加工材を仕上げまで加工します。 1サイクルで部品全体の仕上げを行なうこともでき、領域の境界を設定して加工ゾーンを別々に定義し、それぞれの領域に最適なサイクルと切削スタイルを使用することもできます。

-

-

等高線加工
ESPRITの等高線加工サイクルにより、自動的に切削工具上に一定の負荷が維持され、滑らかな連続した高速ツールパスが実現します。等高線仕上げ加工オペレーションの作成時に、部品全体を加工するか、垂直部または水平部だけを選択して加工するかを選択できます。部品全体を加工する場合は、垂直部および水平部分を別々の工具で切削しするか、荒加工および仕上げ加工の両方を同じ工具で行うか選択できます。

複雑な部品の荒仕上げ加工を行う
1本の工具または2本の工具オプションで、ESPRITの荒仕上げ加工サイクルを使用して、高品質のサーフェスを簡単に作成できます。ESPRITの3次元荒加工サイクルでは、極めて複雑なフリーフォームソリッドやサーフェス上ででも、ジグザグ、オフセット、および渦巻き状の荒加工を簡単に行なうことができます。9種類の中仕上げおよび仕上げサイクルから選択して、3次元加工材を仕上げまで加工します。 1サイクルで部品全体の仕上げを行なうこともでき、領域の境界を設定して加工ゾーンを別々に定義し、それぞれの領域に最適なサイクルと切削スタイルを使用することもできます。

自動削り残し再加工
ESPRITの削り残し再加工サイクルでは、部品の未切削部分の再加工を自動化し、最高の部品品質を最小のベンチワークで実現することができます。ESPRITは以前の加工オペレーションの削り残しをモニターし、この情報を使用して自動的に削り残しのない必要な数の荒加工および仕上げ加工サイクルを実行します。 ペンシルトレーシング、コーナークロス、コーナー沿い、渦巻き工具移動パターン中から選択し、次にカッターを選択して、自動的にすべての削り残しを取り去ります。

規則的および不規則的な加工材の加工
すべてのESPRITのフリーフォーム加工サイクルは、規則的および不規則的な形状のストックと加工材の加工用に最適化います。サーフェス、ソリッドやSTLモデル、前の工程で加工された加工材なども扱えます。すべての切削が「最終部品に加工するために必要な材料領域」を識別し、その領域だけ加工するため、加工の最適化、切削時間の短縮、エアカットの解消、工具寿命の延長が実現します。

シミュレーションと検証
チップを切削する前に、工作機械で何が行なわれるかが正確に見ることができます。ストック材料、取り付け具、クランプなどを含めた全体の機械全体の加工環境が、ダイナミックなソリッドシェーデッドグラフィックスで表示されます。工作機械のすべてのキネマティック動作が「リアルタイム」で表示され、加工プロセス全体が非常に正確に検証できます。ESPRITの内臓の部品検査機能で、オリジナルのデザインの部品モデルと加工結果の加工材を簡単に比較して、部品精度を確認することができます。リアルな画像により、部品を本当に自分の手で持っているように見えます。